多様多種のおせち料理

subpage1

1年の始まり元旦に欠かせなかった「おせち料理」が、ここ数年で劇的に変化し続けています。その年の健康や子宝など、願いを込めた食材を用いて作り、家族全員で食べていたのも昔の話になりつつあります。

現在は自宅で一から作るという人も少なくなり、おせちは注文して購入するという形が定着しています。

注文して購入となると、それまで忙しかった大晦日にゆっくり過ごせるというメリットもあり、働く主婦の方々にも人気があるようです。

おせちの詳細は専用ホームページで紹介しています。

その販売店舗もさまざまで、一般的なスーパーやデパートに始まり、老舗料理店が作る豪華なもの、高級ホテルが販売する洋風のものまで多種多様です。

また、最近では核家族やおひとり様用など少人数でも食べられるようにと小さめの商品もあり、その家族それぞれに必要な量を選ぶこともできます。



それに加えて、中身も昔ながらのおせちとは全く違うものも多くなりました。



子供向けだったり、スイーツだったりと、もはやおせちとは言えないようなものまであり、食材に込められた意味とは関係なくそのアイデアは斬新なものだったりもします。
日本では当り前だったお正月のあり方が変化するように、時代の流れの中でそれに伴う環境も考え方も変化しています。

仕事や休日の関係で必ずしも家族全員が揃わないことのほうが多いでしょうが、その変化を楽しむという意味でも多種多様のおせちは必要ではないでしょうか。


それが新しい日本の文化になるかもしれません。