めでたいだけではない おせち料理の優れた栄養価

subpage1

お正月になると、親戚一同集まって囲うおせち料理。

日本を代表する料理といっても過言ではありません。

おせちの最新情報が知りたい方にはこちらです。

おせちの重箱には『めでたいことが重ねてやってきますように』という願いが込められています。重箱の中には普段は見慣れないような海の幸、山の幸などたくさん食材がぎっしりと詰まっており、そしてその食材にもそれぞれの願いが込められています。


ただ、おせち料理が普段見慣れない料理だからこそ何となく苦手意識のある方も少なくないと思います。



しかしながら、めでたいのはそれぞれの食材の意味だけでなく、栄養価の高い食材がたくさん使われているという点にもあります。
そこで、おせち料理を好きになるべく、食材の栄養価を見ていきましょう。

まずは、子供から大人まで比較的食べやすい黒豆。
黒豆は良質なタンパク質が豊富で、大豆イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症に、黒の色素であるアントシアニンは目に良いとされています。

また、コレステロールを抑えるリノール酸や疲労回復を助けるビタミンBも含まれています。次に田作り。

田作りは小魚なのでカルシウムがとても豊富で骨を丈夫にしてくれます。
また、味覚を正常にする亜鉛などのミネラルがとても豊富です。



昆布はカリウムやカルシウム、ヨードなどのミネラルが豊富で、カリウムは塩分の排出を促し血圧を下げ、ヨードは代謝をあげる作用があり、食物繊維も多く含まれています。

他にもたくさんの食材がありますが、重箱の中には栄養がたくさん詰まっており、健康食としても見直されてきています。


今年1年健康でいられるように、おせち料理からたくさんの栄養をとって欲しいものです。


おせちの知っておきたい情報

subpage2

おせち料理の調理は、長い間、年末の大切なイベントでした。家族・親族が集まるお正月に向けて、祖母や母がその家に伝わるレシピで調理した黒豆や昆布巻き、煮しめなどを準備し、ちょっと高価な蒲鉾や伊達巻を揃え、色鮮やかなエビなどをあしらって重箱に詰めてお正月を待つという大切な料理なのです。...

more

おせちの最新考察

subpage3

おせちはお正月用の保存食としての意味もあり、お見えになったお客様にも召し上がっていただく関係もあるため、大概のご家庭では多めに仕込むことになります。その結果、3ヶ日の終わりころになると、味に飽きてしまうということとなり、箸の出の勢いがなくなり、余ってしまうということになりがちです。...

more

おせちの耳より情報

subpage4

1年の始まり元旦に欠かせなかった「おせち料理」が、ここ数年で劇的に変化し続けています。その年の健康や子宝など、願いを込めた食材を用いて作り、家族全員で食べていたのも昔の話になりつつあります。...

more

おせちの重要知識

subpage5

新年は美味しいおせちをつまみながら、のんびり過ごしたいという方に人気なのが通販です。しかし、宣伝の写真と全然違うスカスカで味もイマイチな商品が届いては、お正月からガッカリ気分に。...

more