建設会社のノベルティの活用法とは

取引先や顧客とのコミュニケーションを大切にしている建設会社は、ノベルティを積極的に活用しています。特にリフォーム工事を受注する機会が多い建設会社は、作業前の挨拶時にノベルティを手渡すことが多いです。工事前に近隣住民に挨拶をするときには、単価が300円程度のタオルなどを配るのが一般的です。タオルは定番アイテムであり、通販サイトでのし付きの商品を注文することも可能です。

そしてリフォーム工事前の挨拶でノベルティを利用する機会が多い会社は、タオルなどを大量発注するのが一般的です。大ロット注文時には卸売価格が適用されるので、建設会社特有のコストを減らしたいときにも役立つからです。ビルやマンションを建てるときには様々な企業と連携する必要があり、建設会社の担当者も積極的に元受けや下請けのオフィスを訪問しています。そのような場合にロゴ入りのノベルティを手渡すと、名刺交換よりも大きな効果が期待できます。

また名刺を上にのせて販促用のアイテムを手渡すときには、化粧箱入りの事務用品などが手ごろです。事業を拡大したいと考えている建設会社は、新卒や中途採用を含めて人材を幅広く募集しています。そして会社説明会に参加した人に対しては、企業のイメージアップにも役立つノベルティを手渡しています。会社のイメージカラーをデザインに取り入れたカレンダーや筆記具を配布すると、説明会に来た人たちに好印象を与えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *