小学生向けのノベルティ

ノベルティグッズといえば街中やイベントで配布することが多く、ビジネスツールとして大人向けの品物を選ぶことが多いでしょう。しかし、教育など子供向けのサービスを展開している場合には、子供たちに向けたグッズを選択し、配布する事が必要です。ここで注意しなければならないのが、子供は年齢によって少しずつその特徴が異なっているため、配布の主なターゲットとする年齢層に合わせた選択が重要となります。また、小学校低学年前後の子供たちを対象とする場合は、保護者の好感度を同時に高められる実用性のある品を選ぶことが、ビジネスチャンスを拡大する要因になります。

例えば小学生をメインターゲットとしたノベルティを配布する場合、配布した後にグッズを使ってもらう事による広告宣伝効果を期待するなら、実用性が高く学校に持って行けるものを選ぶことが必要です。関心をひきつけやすい玩具やファンシー雑貨の様なアイテムは受け取ってもらいやすく喜ばれる一方、学校に持って行けなかったり、保護者の教育方針に合致しない場合が考えられますし、学校への持ち込みが問題視されるようなことが有ってはなりません。より広く好意的に受け止めてもらうためには、低単価で大量配布に適した夜間反射材やホイッスルといった防犯や安全に関連したノベルティが適しています。イベントに参加した記念品などであれば、色鉛筆や付箋といったボリューム感があり学習の役に立つ物がよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *